2021.10.23
東雪谷の自宅 

構造設計完了。

お願いしていた自宅の構造設計が上がってきたので、全体の検証と、これから職人さんたちへ伝えるために、骨組みだけの模型を作りました。

6坪ほどの半地下室をつくります。周りが崩れないように鉄骨と木の板で土を留めながら2mくらい掘って、コンクリートの箱を埋め込みます。底盤にある二重丸は地盤の補強。先端に羽のついた直径10cmちょっとの鉄の杭を重さを支えられる地盤まで埋め込んでいきます。

その上に木造の二階建てが載ります。玄関入って5段上ると一階、8段下がると地階、という構成です。跳ね出し部分は耐力上LVLという強度のある集成木材を使用しますが、他は無垢の杉材で構成しています。

階段部分は真中を畳一枚分のスノコ状にして広々と確保しています。家の広さに対して不釣り合いな面積を占める階段ですが、きっと豊かな感じに仕上がってくれるのではと楽しみな部分です。

区役所に確認申請を提出し、基礎工事、木工事という大切な部分を担って下さる皆さんと打合せを始めました。年またぎで慌ただしくなりそうですが、設計の詰め、工事の準備を進めていきます。