2022.02.14
東雪谷の自宅 

型枠バラシ。

コンクリート打設から丁度一週間経ちました。今日は壁を作ってくれた型枠を外します。

コンクリートの肌が見えてきます。角がしっかり出ていて精度高く仕上がっています。

多少の凸凹は味としてできるだけ補修はせず残します。とはいえ、ちょっとこの庇は対応が必要そう。簡単に手が届く場所なのでしばらく様子見ます。

玄関から地下への階段部分。外壁側の内壁はコンクリート見えなくなってしまいますが、惜しいくらい綺麗にできています。

ここが玄関になります。木造階段で地下へと下がり、鉄骨階段で一階へ上がります。

床と梁を支える支保工は残しておきます。打設時に採取した供試体で強度試験を行い、既に必要な強度に達していることは確認済みですが、工事中には資材が置かれて局部的に荷重がかかったりするため、一か月程度はこのままにしておきます。

この後、カシラが基準墨を出してくれます。いよいよ上に木造を載せる準備が整いました。ポツポツ見えるセパレーターの穴は後で塞ぎ、最後にクリアの保護材を塗って仕上げます。