1事前打合せ(1か月)

顔合わせ

計画の概要が決まっていなくても、お困りのこと、住まいや建築に関する一般的なご相談からお伺いいたします。

現地調査・役所調査

プラン作成の為に必要な簡易調査を行います。

方針を決定

どのような計画とするかをご相談の上、できるだけ費用がかからず適した方針を決めます。

基本計画(提案料5万円+消費税)に進むかご検討ください。

2基本計画(1か月)

基本計画提出

計画案(間取図・模型など)・設計見積・工事予算書をご提示します。

拡大
拡大

設計監理業務委託契約に進むかご検討ください。

設計監理業務委託契約

当事務所と契約を締結します。

設計監理料の20%をお支払ください(委託契約成立時)。

3基本設計(3か月)

測量・地盤調査

正確な敷地図が無い場合はまず測量、その後間どりが固まったところで地盤調査を専門業者に委託します。

プラン打合せ

納得いくまでご提案と修正を繰り返し、プランを詰めていきます。素材・設備のご提案をします。

基本設計図書

施工会社に見積を依頼できる図面一式を作成します。

設計監理料の20%をお支払ください(基本設計完了時)。

4実施設計(4か月)

見積

施工会社に見積を依頼します。

建築確認申請

建築確認申請と、それに伴う諸官庁との協議・申請を代行いたします。

設計監理料の20%をお支払ください(確認済証受領時)。

実施設計図書

工事ができる詳細な図面を作成し、施工会社と打合せを進めます。

工事請負契約

施工会社と契約を締結していただき、工事の準備に入ります。

5工事監理(6か月)

着工

地鎮祭後、工事を始めます。

工事監理

工事が図面通りに進行しているか確認します。

上棟

建物の骨組みが完成します。

設計監理料の20%をお支払ください(上棟時)。

竣工

最終チェックをし、行政の完了検査を受けます。

引渡し

施工会社からお施主様へ鍵をお引渡しします。

設計監理料の20%をお支払ください(引渡し時)。

6アフターフォロー

家具・備品

カーテン・ブラインドや家具などを一回ご提案します。

点検

一年、三年の点検にお伺いします。

その後も適宜対応いたします。末永くおつきあいください。

design fee

設計監理料

~は、極端な狭小地、変形地、高低差の大きな土地、二世帯などの要件によるもの、または極めて急ぎの対応が必要な場合です。

  1. 部分的な改装  工事費の15%~20%
  2. スケルトンからの改装  工事費の12%~15%
  3. 新築  工事費の10%~12%

住まい・建物に対するニーズは多様化しています。当事務所は「こわす、つくる」だけでない細かなご要望にお応えしたいと考えています。ご相談後に見積を提出します。金額が発生する場合は必ず事前にお伝えしますので、安心してご相談ください。

設計者は自分でお金を出すわけでもないのに良いものを作りたくて口を出す。
そして現場で釘一本も打たないのに貴重な予算から報酬をいただきます。
施主様と職人さん両方に常に感謝の気持ちを忘れずに設計をしています。

別途費用

  • 測量・地盤調査費
  • 構造計算費(必要な場合)
  • その他各種申請料(必要な場合)
  • 行政もしくは建築確認検査機関への手数料
  • 設備設計費(必要な場合)
  • 交通費(特に遠方の場合)